存在感を引き立たせる独自のサービス

トラックと男性

通販では注文した後の配送がネックになることも多いです。というのも届くのに時間がかかり、欲しいと思った時とのタイムラグができてしまうからです。購入した時の熱意がだんだんと下がってしまえば、嬉しさも半減してしまいますから、商品の質は変わらないのにイメージが下がってしまう可能性があります。さらに、今すぐ必要なのに実店舗では売っていないので注文したけど、すぐには商品が届かないとなれば不便が生じてしまいます。そんなときに役立つのが当日配送です。その日中に届くので購入時との気持ちの落差がないので、手元に届いた時の嬉しさは新鮮そのままです。さらにほかの店とは違い、すぐに届くというメリットもアピールできるので、迷っている顧客の獲得にもつながります。

対応できるエリアを確認する

当日配送は待ち時間の大幅な短縮につながるので魅力的です。利用したい顧客も多いでしょう。しかし、どの店でも導入できるものではありませんので確認が大切です。というのも、当日配送は配送拠点が整っていてこそ、できることです。拠点の場所によっては当日に届けられないエリアも出てきます。まずは配送拠点などの整備から始め、そこで対応できるエリアを決めることが大切です。そのことを顧客に知ってもらうことも必須です。届けられると言って、手配できないようでは逆に信頼を損ねてしまいます。確実性をまずは重点に置いて導入することがマナーです。徐々に体制を広げていけば無理が少ないでしょう。

対象になる商品も区分けをしておく

扱っている商品もいろいろなジャンルがあるでしょう。すべてが区分けなく配送できるならよいのですが、中には配送方法を分けなくてはならない商品もあるでしょう。例えば割れ物は梱包に時間がかかったり、冷蔵冷凍商品はその設備が整った配送車が必要です。ですから、どの商品を当日配送可能とするか、配送の具体的なイメージをしておくことが大切です。当日配送ができるとなれば顧客は期待しますので、それを失望させてしまうことは避けなくてはなりません。時間厳守はもちろんですが、質の低下があっては意味がありません。スピーディーかつ質もキープされることが基本です。これを守ることを前提に、無理なく物流が動く事が大前提で計画を立てましょう。考えるポイントとしては注文データの転送から配送準備、さらには実際の配送の手配など多岐にわたります。配送車が足りていなければ、準備と時間が整っていても動けません。広い視野で必要な準備をするようにしましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3